2012 ナビスコ 大宮vs横浜FM 試合内容よりこっちの方が訳わかりません

いや~ お彼岸のいい天気でした。
花粉症もまだ症状が出てこないみたいだし、絶好の観戦日和でした。

しかし、ある青年の熱い想いが組織のエゴ?によって
握りつぶされてしまったことが非常に納得がいきません。
その青年は震災後、すぐに仙台への救援物資援助の声がけをし
自らトラックを調達して物資輸送をした人物です。
その行動がアルディージャを動かし、選手もスタッフも現地を訪れたことは
メディアでも取り上げられ、皆さんもお忘れではないでしょう。

そして、この時だけではなく、この青年は何度も何度も自分の休日を潰して
東北へ復興作業のお手伝いに行っていました。

今回、24日の仙台戦を控え、現地仙台のサポーター有志の要請と
鈴木監督の地元が宮城亘理町でもあり
募金および支援物資の調達の段取りを彼一人の力でやっていたそうです。
アルディージャスタッフとのやり取りなども逐一メールで知らされ
あとは本日決行となる筈でしたが・・・

とあるアルディージャ有志の団体から「待った」が入ったそうで
一切、公では募金活動ができないことになってしまいました。
アルディージャスタッフがOKを出していながら(実は出してなかったのかな)
覆させる権限などこの団体が持っていてよいのでしょうかね?
一般常識を持ち合わせているなら
どのように協力出来るのかが問題で、その全てを否定してしまったことが
何とも納得がいきませんのです。

まぁ 後日談を聞いているわけでもないので
その後、この団体のリーダーからきっと彼に善後策の話し合いが
なされている事とおもいますが・・・。
なかったのなら存在意義すら疑いたくなります。

泰史も仙台でこの件に絡むようなので
仙台戦では是非、大宮サポ有志の絆の強さを 
仙台サポにも見せてあげたいものです。

さて、ナビスコ初戦ですが

      ラファ
永哲  金久保  渡邉
   カルリ 青木
下平 英權 深谷 渡部
      北野

サブ:江角 片岡 鈴木 金澤('78永哲) 上田 橋本('88渡邉) 長谷川('78ラファ)   

また、決定力のなさで、勝ちを逃した試合。
カルリが今度は右足でもロングフィードが出来ることを披露
見事にラファ通り、中央折り返しに順が潰れ、それにハーフラインから
追い付いてきたカルリが左足で左隅に押し込み先制!
今年見てみたかった淳さんとのハイタッチ、やはり新人さんがやってくれました。

前半はほぼ大宮ペース
危なかったのは北野がまたキャッチすりゃいいのに、猫パンチするから
相手に渡って、深谷が辛うじて掻き出したってのが1回だけあった。
何で、バレーのトスみたなボールでも取れないのだろうか?
俺が北野に厳しすぎるのだろうか?

ポゼッションで圧倒出来ても追加点を上げられない。
大輔が、ラファが、後半最大の決定機にも永哲が外して、一気に雲行きが怪しくなる。
逃げ切り要員の慎とDFWの悠の投入であったが、機能していたとは言いがたい。

バックラインでもつなぐ意識が強すぎて、大剛→大輔間でミス
ボールを奪われ、放たれたミドルがゴール角での跳ね返り
北野の後頭部に当たり不運にも同点ゴールイン。


1-1 勝ち点:1 黄紙:青木1枚目
入場者数 7,845
主審 吉田 寿光

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック