J1 大宮vs浦和 いまさらですかね

またまた、久々のエントリ
ここまで、ナビスコ含め皆勤でしたけど
淳さんの采配やコメントに憤慨して、書き置く気が起きませんでした。

今年は 精神的支柱を解雇し、伝統の4-4-2のコンパクトな守備も捨て
4-2-3-1でより攻撃的にシフトチェンジし、戻る場所すらなくしたわけでありました。

主力選手のブログやつぶやきなどを見ていると、本当に大宮を思っている連中の痕跡すら出てこない。

ずばり言いますと、昨年の最終戦で主税が未来予想図を述べてましたけど
大宮で骨を埋める覚悟がある (と思われる)
GKコーチ 江角
ユース監督 慎
ヘッドコーチ 村上
強化部長 深谷

今季主力とは言えない彼らと、現時点での主力(これからステップアップするであろう)とにギャップがあるのではないか?と
誰が今年のこのチームをまとめてリーダーシップを発揮させるのか?

そんな不安な材料ばかりで、今年こそ覚悟をしていた訳であります。

しかし、このダービーを迎え
誰が言い出しっぺか知らないが、恒例のBBQで団結
4-4-2 いや、最終的には5-4-1 の帰る場所があったことが
嬉しかった。
こうなれば、毎週BBQやればとも思ってしまう。

さて、相手サポですよね。
色々、考えさせられる事ばかりでしたね。

サッカー場にサッカー以外を持ち込むべきか、否か。
大宮サポのスタンスであれば
『週末の一日を家族と一緒に
サッカーを含め全てのイベントを楽しんじゃお』

浦和サポなら、サッカー以外持ち込むべからず、なのでしょう。
人それぞれ、思想信条があるのは理解できるとこ
だが、自分の信条に反するからといって、ブーイングしてしまう行為は
大人として如何なものでしょう。

いやなら、見なくても良い選択肢もあった訳だし、事前にタイムテーブルも告知されていたのだから、試合開始1時間以上も前のイベントで何が問題だったのでしょう。

「芝が踏み潰されるのがいかん」との浦和サポの意見をみたが、乃木坂さん達16人が、スパイク履いて、8対8でラグビーのようなスクラム組んでゴリゴリやり始めたのなら、こっちも「オイオイ」と言うだろうけど、40キロ前後のJCがスニーカーで踊ったところで、30分もしない内に、芝は元通りなるでしょ。
そんなに、芝が心配なら、中国のどこかのスタジアムみたいに練習でのスパイクを禁止してますよ。ベストピッチのNACKをなめちゃいけません。

なにか、大相撲の土俵に女子は上がるべからず、みたいなマインドなのでしょうか?

あと、サッカー以外スタジアムに持ち込まない(もののけも)と言っておきながら、埼スタ、実はサッカーに関係ないことスタジアム内でやってますよ。
「誕生日おめでとう」ってやつ
サッカーに全然関係ないけど、ブーイングしてる人をみたことありません。
浦和に関係ないBGM(応援歌ではない)がガンガン鳴り響いて隣の人と話すことも出来ないのに、うるさいし、関係ないから止めろとは聞いたことがありません。

ホームのあれは良くて、アウェイの乃木坂だけはいけないのでしょうかねぇ?
これってダブルスタンダードです。

永哲(ヨンチョル)が得点後、両耳に手を添えて、浦和サポを煽ってけしからんと
でも、それをやるには伏線があったからですよね。
最初にそちらがバスに唾吐いて挑発した人がいたのだから、韓国人のマインドであれば(良い悪いはともかく)
やり返すのは理解できます。このパフォーマンス、特に韓国人は好きそうだし、日韓WCでも朴チソンが地元の赤い人の前にも係らずやってましたから・・・←ここ笑うところ

その昔、浦和の人達が自分達のスポンサーであるビール会社の広告写真で埼スタを赤色から青色に
変えたと猛抗議したことがありました、そのとき「クラブカラーやクラブエンブレムはサッカークラブにとってかけがえのないシンボルであり、サッカー文化発展のためにも遺憾な出来事です。」と、公式HP上で表明したにもかかわらず、未だに、大宮のエンブレムやマスコットを侮辱し続けてます。
これも ダブルスタンダードですね。

帰り際、参道で「J2に落ちたら大宮応援してやってもいいかな」と浦和サポの呟きが聞こえたので
『自力残留できなかったくせして、よく言いますね』
『0-15で甲府が勝ってたらあんたらがJ2でしょ、忘れたの』

まず 「残留させてくれて ありがとう」 と何事にも謙虚さが一番だよね。

さて、次節は最下位との対戦
連勝、久々みてみたいよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 15

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

リアルディ
2012年04月30日 22:06
中国スーパーリーグ(中国超級聯賽、略して「中超」)を3試合見てきました。
「サッカー場にサッカー以外持ち込むべからず」ですが、中超がまさにそうです。
国家吹奏はありますが、試合前の選手紹介VTR、選手集合写真、試合前・試合後のサポーターへの挨拶も基本的にはなく、マッチデイプログラムもありません。
スタジアムは禁煙なのに、タバコは吸い放題、ゴミは捨て放題です。
審判が相手チームに有利な笛を吹くと「レフェリー、F○○K YOU!」の大合唱です。
試合終了間際には、観客が持ち込んだホイッスルが吹かれます。
警察は数百人~千人単位で警備していて、入場ゲートには金属探知機がある試合もあります。
アウェイサポはスタジアム外ではユニフォームを着て帰れません(危険なので)。
観客は多くが男性成人で、家族連れはほとんどいません。
「サッカー場にサッカー以外を持ち込める」のは平和で幸せなことなのだと思いました。

この記事へのトラックバック